保湿化粧品の重要性

美肌に保湿化粧水が欠かせない理由記事一覧

体質や肌環境によっては、ニキビができやすい人もいますね。10代の思春期ニキビとは異なり、大人ニキビはなかなか治らず、また、一度治ってもすぐに再発してしまうのが厄介です。ニキビができる原因は幾つか考えられますが、共通して言えることは、「保湿が大切」ということです。「でも、保湿をしていたら、ニキビが余計に増えた」という方もいらっしゃいます。これは、保湿の仕方が間違っているのです。ニキビ対策は保湿の方法...

美白とは、シミのない肌を実現すると同時に、くすみやたるみのないキメの整った透明な肌である必要があります。そのためには、まずは保湿された肌を構築しなければなりません。肌の保湿が不十分で、慢性的に乾燥していたら、弾力が衰え、キメが荒くなり、毛穴が目立ち、小じわが発生します。これではシミがなくとも美白を実現したとは到底言えませんね。また、肌は常に膜によって防御シールドが張られています。この膜は皮脂です。...

四季が明確に分かれている日本では、季節によって温度、湿度、紫外線の量が異なります。一般的には夏は紫外線の量が多く、冬は少ないと言われていますね。しかし、冬の少ない紫外線の照射量であっても、肌を老化させるには十分です。大切なのは、1年を通して保湿を怠らないこと。しっかりと日々スキンケアを行えば、夏の脂性肌にも、冬の乾燥肌にも悩まされることもなくなります。紫外線の量は夏が多いが……6月〜9月は夏日が続...

夏は何かと露出の多い服装を好んだり、海や山、ハイキングにバーベキューなど1日中外にいるアウトドアをしがちです。しかし、これは紫外線を大量に浴びることになります。いくら化粧品で肌を保湿しても、UVカットクリームをつけてもなかなか防げるものではありません。もし日焼けしてしまったら、そのあとの保湿ケアが重要となります。日焼けしてからシミができるまで一番分かりやすいのは日焼けサロンです。人工的な紫外線を体...

当サイトでは、なるべく同一メーカーの同一ブランドのライン使いを推奨しています。その理由は、メーカーはラインで使うことを想定して開発している場合が多く、ライン使いによって、効果が美容成分の効果が倍増されることもあるからです。では、別の考え方をしたとき、「複数の美容液を同時に使ってもいいの?」という素朴な疑問が浮かびます。同じ種類の化粧品は原則禁止A美容液を使ったあとに、B美容液を使う。「この美容液は...

目じりのシワもほうれい線も保湿が解決の糸口目じりのシワとほうれい線は、あるのとないのとでは、見た目年齢が最大10歳程度変わると言われています。元からの肌形成で笑うと目じりにシワが浮かんだり、ほうれい線が出たりする人もいますが、これは美肌とは関係なく、個性の一部です。しかし、20代後半から30代にかけて、突如発生したのであれば、これは肌の老化が示すシグナルです。目じりのシワは乾燥が原因目じりのシワの...

page top